アクアリウム初心者でも簡単!水換なし【アクアシステムAPS方式】

アクアリウム、見ていて癒されますよね

実際にやってみたいな。と思っても「難しそう、水槽のお手入れが面倒そう」というイメージがあり、なかなか始められない方も多いと思います

でも今は初心者でも簡単!お手入れほぼなしの【アクアシステムAPS方式】というものがあるんです!

アクアリウムを始めて3年が経過しました。
ずぼらな私でも、こちらのシステムを使っているから継続できているのかな。毎日可愛い熱帯魚たちに癒されています。

スポンサーリンク
目次

【アクアシステムAPS方式】とは

APS方式の仕組み

簡単に説明すると

  1. プロジェクトソイルで汚れを吸着
  2. プロジェクトフィルターで①でキレイになった水を吸い上げ、水槽内の水を循環させる

更にCLC(カルキ抜き)、バイオバランス(バクテリアコンディショナー)を入れることで、塩素を中和しバクテリアを守る。そして、守られたバクテリアの働きにより魚のフンなどの汚れを無害になるまで分解してくれます

三位一体で使うことで水換え不要(半年~1年)になる画期的なシステムです

飼うことの出来る魚

  • 一般的な熱帯魚
  • 小型の金魚
  • 川魚
  • メダカ など水質に対してシビアな魚も飼育できます
  • 海水魚用の砂(中目のサンゴ砂など)を使えば問題なく使用する事が出来ます

魚を飼うまでのステップ

STEP
プロジェクトフィルターを組み立てて、水槽に置きます。
STEP
プロジェクトソイルを敷きます

フィルターの上に敷いたあと、手で優しく平らにします

STEP
カルキ抜きした水を優しく入れます

あらかじめバケツに水とCLC液を入れ、カルキを抜いた水を作っておきます

プロジェクトソイルが入っていた袋を底に敷き、その上から水を注ぐと水が飛び散ったり、ソイルがかき混ざるのを防ぐことが出来ます

STEP
バクテリアを入れ、フィルターを稼動させます

  

我が家ではバイオバランスの他、※ミネラルバランスも入れて水質を保っています

 ※特定のミネラルを補充することで、水槽内のミネラルバランスを整え、効率良く栄養分を補うことが出来ます

STEP
その他の器具をセットし、水が澄んできたらお魚や水草を入れて完成!!

3~5時間待ち水が透明になったら、いよいよお魚を入れてみましょう

魚の匹数の目安は、30cm水槽で10匹、40cm水槽で20匹(魚の種類による)

立ち上げ方法が分かりにくいと思う方は、こちらの動画が分かりやすいです➡アクアシステムHPより

メンテナンス方法

  • 水量が減ってきたらカルキ抜き水を足す(私はそのタイミングでミネラルバランス、バイオバランスを補充しています)
  • 目に見えるゴミがあったら、目詰まりを防ぐため、ネットやスポイトで取り除く
  • コケが発生してきたら取り除く
  • プロジェクトソイルの交換は半年~1年後(交換目安はソイルが崩れてきた時)

たったこれだけ。楽ですよね!

我が家の失敗談…魚の餌が大量に入ってしまった時がありまして、取り除くのは不可能な状態に。半年も経過していない状態でしたが、魚を取り出し、一からシステムを立ち上げました💦

メリット・デメリット

メリット

〇 魚がすぐ飼える
水槽の立ち上げには、通常一週間ほどかかりますが、このシステムを使うとセットしてから3~5時間後にはアクアリウムが出来上がります

〇 透明度の高く美しい水槽が保てる
優れた水質浄化能力をもつプロジェクトソイルとプロジェクトフィルターにより、効率的に水の浄化ができます

〇 メンテナンスほぼ不要
APS方式はpHとろ過を安定させる働きがあり、減った分の水を足すだけで充分でOK(※補充する水はカルキ抜き、ミネラルバランス、バイオバランスを入れる必要あり)

〇 使い終わったソイルはスイレン栽培や園芸用土としても利用できる


デメリット

✕ 指定のソイルしか使えない

✕半年~1年でソイル交換が必要

✕初期費用が少し高め(9000円台~50000円台、水槽の大きさにより値段が変わります)また、水槽内を明るく照らすライトや季節により必要なヒーター、水槽用扇風機は別売り

まとめ

最後に……

我が家の現在の水槽はこんな感じです

水槽内に好きなオブジェを置くとオリジナリティがあって楽しめますよ

素早く簡単に立ち上げられ、お手入れも簡単なこのシステムは本当に魅力的

アクアリウムに挑戦したい!と思っている方、今の水槽のお手入れが面倒だと思っている方にはぜひとも試していただきたいシステムです

最後まで読んで頂きありがとうございました
ブログ村ランキングに参加しています
良かったらポチッと応援お願いします(*’▽’)/

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
目次
閉じる